デトロイト・メタル・シティ

映画公開初日ということで Go To DMC してきました。

若杉公徳原作の大人気コミックを実写化した青春爆笑コメディー。過激なデスメタルバンドのボーカルとして活躍する、普段は大人しい主人公が、実際の自分とのギャップに悩みながらも成長していく姿を笑いを交えて描写する。

原作コミックの過激さをどこまで表現できるのか心配もありましたが、一般映画としての枠でこれだけ再現できれば立派と感じましたし、コメディー映画として充分に笑える出来栄えで良かったです。

根岸とクラウザーさんの豹変振りを演じていた松山ケンイチも良かったのですが、何よりも本編を盛り上げていたのは、原作キャラの生き写しのようにデスレコーズ社長を演じきっていた松雪泰子と DMC信者を演じた大倉孝二と岡田義徳の存在がとても大きかったです。松雪泰子は白鳥麗子以来と思える怪演ぶりで女優魂を感じるものがありました。

DMCのネタ元でもある KISSのジーン・シモンズが出演しているのも嬉しかったり、私自身も10代の頃に KISSのコピーバンドをしていて、顔は白塗メイクに爪は黒のマニキュアでした。若かりし頃の自分を被せて観てしまう点もあったりして、かなり楽しめた映画でありました・・・もっとも私の場合は根岸と違って自ら好んでやっていたわけなのですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket