WALL・E/ウォーリー

待ちに待った映画「ウォーリー」が公開。
初日レイトショーで観ました。

西暦2700年の地球。
宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。
ある日、イヴという名のロボットが現れ、ずっと孤独だったウォーリーは彼女に恋をする。
ところがイヴは宇宙船にさらわれてしまい、ウォーリーは彼女を救うため、未知なる宇宙へ旅立つのだが。

ピクサーは今回も素晴らしい作品を生み出してくれました。
とてもハートフルな映画です。
序盤はウォーリーが毎日せっせと働くサラリーマンを彷彿させる感じで、笑えるシーンを織り交ぜながら日々の生活を淡々と描いています。

イヴと出会ってからはウォーリーの一途さを微笑ましく思いながら、ストーリーは急転直下でスケールがどんどん膨らんでいきます。地球を汚染し放り出して宇宙へ逃げた人類は、コンピューターに管理されたバーチャルな環境で過ごしています。歩くことさえ忘れブクブクと肥満した人類に、痛烈なものを感じずにはいられませんでした。

本作には地球と人類の再生というメッセージを込めながら、やたらに環境問題だエコロジーだと押し付けがましくなく娯楽映画として成り立たせている点にさすがピクサーならではと唸ってしまう素晴らしい出来栄えでした。

それからウォーリーの起動音が Macユーザーの私にはとても嬉しかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket