ニコン ホットシューカバー BS-1

キヤノン EOS Kiss X2 の外部ストロボを取り付けるホットシューは多くのデジタルカメラと同様に接続端子が剥き出しの仕様になっています。

これを防塵防滴するホットシューカバーがあるのですが、ニコンやペンタックスからは発売されていますがキヤノンからはなぜか発売されていません。

ニコンなどはホットシュー付きのコンパクトデジタルカメラでさえ、カバーが標準装備しているに関わらず、キヤノンのデジタルカメラはプロ仕様のハイエンド機種から一貫して付いていません。

あまり神経質にならずとも問題ないのかもしれませんが、精密機械の剝き出しな端子は気になりますし、カメラバックから取り出す際や服などに引っ掛けやすい形状もしています。

調べてみるとニコンのホットシューカバー BS-1が使えるようです。
早速入手してみると違和感無く装着出来ました。

ただし、外部ストロボを装着した状態と認識されますので、内蔵ストロボは使用できなくなります。これを防ぐには接続端子のマイクロスイッチを押さないようにホットシューカバーの一部を削れば解決します。

私自身は内蔵ストロボを使いませんし、全自動モードやかんたん撮影ゾーンでの撮影時(これらオートモードもほとんど使いませんが)でも内蔵ストロボがポップアップせずに撮影可能と好都合なので無加工で使っています。


Nikon BS-1N ホットシューカバー

  • Amazon.co.jp で詳細を見る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket