東京お台場 ガンダム 公開初日

いよいよ正式公開となった東京都お台場 潮風公園の実物大ガンダムを見に行きました。

朝7時30分 お台場 潮風公園に到着。
公開初日とあって混乱を避ける為に、行列はガンダムの脚下を潜る タッチ & ウォーク 入場列、オフィシャルグッズショップ入場列、限定ガンプラとパンフレットのみの購入者列と3本に分けて並ぶようになっています。

8時 整理券配布開始。
どの列に並ぼうか迷いましたが、私個人は既にガンダムを見に来たのは 3回目ですし、タッチ & ウォークは比較的早く捌けてグッズ購入の方が時間が掛かるだろうと予想。来場者の少ないうちに買い物を済ませるほうが賢明とオフィシャルグッズショップ入場列に並びました。結果的にはこの読みが後々大正解となります。

10時 開場。
お台場 潮風公園会場のみで限定販売のガンプラを購入。
オフィシャルグッズショップは、イベントでよくある売り子のお姉さんに商品を注文する形ではなく、買い物カゴに欲しい商品を入れてレジに向かう売店形式です。

この販売形式は実にうまいなと思いました。
イベントの高揚感からついつい余計なものまで買い物カゴに入れて財布の紐が緩みそうになります。

無事に限定グッズの買い物を終えて、タッチ & ウォークを覗くと行列が延々と伸びています。しばらく時間を置いて空いてからが良さそうなので、潮風公園に隣接する船の科学館まで足を伸ばします。

船の科学館 展望塔からのガンダム。
ガンダムを取り囲み来場者がアリのように群がっている様子が見えます。

話が逸れますが、船の科学館に入場すると隣に保存停留されている現役引退した南極観測船宗谷と青函連絡船羊蹄丸にも乗船して見学出来ますよ。

15時 船の科学館を見学して潮風公園へ戻ってみると、グッズ購入列は 2時間待ちの表示。朝の予想が的中です。買い物を早いうちに済ませておいて正解でした。

ガンダム タッチ & ウォークの様子を伺うと、かなり行列が消化されて空いてきています。この後、夕刻からはライトアップ目当ての来場者が増えてまた混雑するだろうと予想して、並ぶならば今です。

列が進み、ガンダムの足下に来ました。
上を見上げるとガンダムの股間。

潜りながらガンダムを触って記念に撮影。

一通りイベントを終えて、会場で小休止です。
会場には飲食売店や休憩コーナーも設けられて、さながらお祭り会場といった雰囲気です。何とも言えないほのぼのした雰囲気に、色々な意味で日本って国は本当に平和だなぁと感じてしまいます。

日が暮れて夜景が栄えて来ました。
会場の広場は人、人、人の混雑状態です。

ガンダムは毎時 30分おきにギミック可動のパフォーマンスが行われています。20時 ラストの回ではパターンの違う長めのパフォーマンスを披露。全身を包むようにミストが噴射されて幻想的です。

朝から晩まで 12時間以上もお台場でクタクタになりましたが楽しい 1日でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket