MacBook のスリープが勝手に解除される

普段、MacBookを使用していない時は電源を落とさずスリープさせて運用しています。
いつ頃から発生したか定かではありませんが、最近頻繁にスリープが勝手に解除される症状が起こるようになったので困っていました。

まぁ、作業中に勝手にシャットダウンやフリーズしたりするよりは遙かにマシなのですが、あまり気持ちの良い症状でもないので気になりますよね。

同様の症状がないか Apple Discussions 等を覗いてみたところ気になる記述がありました。

「Bluetoothデバイスがスリープを解除することを許可」にチェックが入っていて、それが悪さをしている(原因)とか…。

Apple Discussions スリープから勝手に解除されていることがある。

確かにそう言われてみると Bluetooth ワイヤレス接続の「Apple Wireless Keyboard」を使い始めてから発生しだしたように思います。察するに、MacBook をスリープさせた後に Wireless Keyboard の電源が自動で落ちる際に反応してスリープが解除されてしまうように感じます。

試しに MacBook の「システム環境設定 > Bluetooth > 詳細設定」を開き、「Bluetoothデバイスがスリープを解除することを許可」のチェックをハズしてみました。

3日ほど様子を見ていますが症状は治まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket