告白

映画「告白」を遅ればせながら観ました。

私のフェイバリットムービーのひとつである「下妻物語」の中島哲也監督作品なのに、ついつい足を運ぶのを遅らせてしまっていました。シネコンは上映期間が短いので危ない危ない・・・ギリで観れて良かったです。

で、中島哲也監督と言えば「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」と極彩色で場面展開の早い映画が常なので、今回も同様にと思っていたら良い意味で裏切られました。

トーンを抑えた映像とストーリーが徐々に加速度を増して狂気していく怖さと、現在の実社会でいつおこっても不思議ではないリアリティに空恐ろしいものがあります。

ラストのセリフはいろいろ解釈が取れると思いますが、「どうせ更生なんてしないだろ。大人をなめるなよ。ざまあみろ。」とメッセージが底辺に流れているように感じました。

そして観賞後の空虚感。
後味は悪いのにリピートしたくなるような不思議な感覚になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket