COMPLEX「日本一心」 東京ドーム

2011年7月30、31日と東京ドームで開催された COMPLEX 東日本大震災復興支援チャリティーライブ「日本一心」へ行ってきました。

COMPLEX は 1990年11月に活動を休止して以来、実に 21年ぶりとなる復活。
私にとって吉川晃司と布袋寅泰は個々に好きなアーティストです。ですから COMPLEX が結成された当時はまさに夢の組み合わせでした。しかしながらわずか 2年で活動を休止してしまい、解散はしていないもののもう一生目にすることは出来ないだろうと諦めていた存在でしたので、今回の復活はまさに奇跡で感無量です。

場内が暗転しワーグナーのワルキューレの騎行が流れる中、ステージ左右のスクリーンに当時の COMPLEX がモノクロで上映されライブがスタート。ステージ袖左右から 2人が歩み寄るように登場すると、割れんばかりの大歓声が地鳴りのようにドームを揺らします。

ステージ中央でお互いに向き合い、固く握手を交わす 2人。
この光景をどれだけ待っていたことか・・・5万人の観衆の絶叫と号泣でボルテージは既に最高潮へ。

ライブは「BE MY BABY」でスタートし、21年前のドーム公演と同じセットリストであえて行うニクイ演出。しかし 2人の本当に凄いところは、円熟味を増した歌声とギターで過去のリロードに終わらず上書きアップグレードした現在の COMPLEX を聴かせたことに尽きるでしょう。

長い歳月を経て再び灯された光は色褪せるどころか、何倍もの輝きを増して日本を照らしたのです。

個人的には伸びやかにそして振り絞るように歌い上げる吉川と甘くメロウでありながら突き刺さるようなエッジの効いた布袋のギターが見事に調和した「CRY FOR LOVE」が超絶感動モノでした。

ストイックにやや緊張した面持ちで熱唱する吉川を、時に笑顔で支えるようにギターを奏でる布袋。2人が融合して生み出すパワーの凄さを改めて感じたライブでした・・・本当にハンパじゃなかった。普通なら悲しいけれど老いを感じさせ懐古主義的に終わってしまいがちなのだが、この 2人は違った。

素晴らしいライブを行ってくれた2人に感謝。

セットリスト
オープニングSE. ワルキューレの騎行
01. BE MY BABY
02. PRETTY DOLL
03. CRASH COMPLEXION
04. NO MORE LIES
05. 路地裏のVENUS
06. LOVE CHARADE
07. 2人のAnother Twilight
08. MODERN VISION
09. そんな君はほしくない
10. BLUE
11. Can’t Stop The Silence
12. CRY FOR LOVE
13. DRAGON CRIME
14. ROMANTICA
15. PROPAGANDA
16. IMAGINE HEROES
17. GOOD SAVAGE
18. 恋をとめないで
19. MAJESTIC BABY

ENCORE
20. 1990
21. RAMBLING MAN

ENCORE
22. AFTER THE RAIN

今回のライブは震災復興支援に立ち上がった2人をリスペクトしてオリジナルTシャツを自作して参加しました。

会場では「どこで買ったのですか?」と度々声を掛けられましたが・・・売り物じゃなくてすみません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket