デッドライジング2:CASE WEST 後記

ゾンビパラダイスアクションゲーム「デッドライジング2:CASE WEST」のファーストインプレッションは昨年末に書きましたが、クリア後を記していなかったのでエントリーです。

まず初回プレイが 2時間弱であっさりとクリアしてしまって拍子抜けしたのですよ。Aランクでクリアしたので条件を変えながら 3周プレイしてみたのですがいづれも結果は Aランク・・・今回、Sランククリアは無い模様です。

ファーストインプレッションでも書きましたがデッドライジングらしいお馬鹿な要素が薄く、ストーリーがゾンビ化抑制剤の製薬会社との戦いへシフトしていて、バイオハザードシリーズの展開に似ていることが残念ですかね。「デッドライジング」は脳天気なゾンビゲームのテイストを失わないで欲しいです。

それから唐突にボスキャラが現れクリアして終了するエンディングにはお口ポカ~ンでしたわ。更なる続編を感じさせていて「デッドライジング2」のエピローグとしての成立が微妙なのもどうなのですかねえ。

販売価格 1000円のダウンロードコンテンツに見合ったボリュームなのかもしれませんが、シングルプレイではフランク・ウエストを操作(これを楽しみにしていたユーザーが多かったのでは)出来ない仕様になっていたりと全体的に消化不良な印象でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket