コール オブ デューティ ブラックオプス

世界的人気 FPSゲーム「コール オブ デューティ」のシリーズ最新作「コール オブ デューティ ブラックオプス」が発売されました。

私も発売日に購入して早速、キャンペーンモードから始めてとりあえず 1周をクリア。
ストーリーはベトナム戦争後の米ソ冷戦時代に極秘計画を巡る戦いを描いていて面白いです。ただ演出上、記憶のフラッシュバックが多用されているので目が疲れる感じかな。ベトナム メコン川の戦闘ではローリングストーンズの「悪魔を憐れむ歌」が流れる演出が鳥肌モノ! 映画「地獄の黙示録」を彷彿させてゾクゾクします。
エンドロール後は立て続けにゾンビモードがアンロックされてプレイ可能になりました。

オンライン対戦のマルチプレイヤーモードは現在 1周目のレベル 25までアップ。
今作ではカスタムエンブレムのエディタや 1週間分の対戦プレイのリプレイ、ムービーの保存、編集を搭載して、システム的に「Halo Reach」の影響を色濃く受けている印象です。
発売早々にバグや不具合が多く、既にアップデートが行われていますがまだまだ改善点は多い感じです。うちの環境では対戦マッチ間で時折、フリーズする現象が起こっています。

前作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」のハリウッドぽいド派手な作風と比べて「コール オブ デューティ ブラックオプス」は地味に感じられる部分が多く好みの分かれるところかもしれません。


コールオブデューティブラックオプス

  • Amazon.co.jp で詳細を見る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket